_DSC643xx5
美人すぎる貞子」という記事を二日前に公開した。もちろんリングのパロディだ。映画やドラマを宣伝するために、ウェブでパロディ記事を作ってという依頼は多い。ある意味モノマネ芸人のようなものだ。

なので、作詞作曲モノマネで有名なマキタスポーツ氏が書いた「すべてのJ・POPはパクリである」には共感する所が多く、とても面白かった。

この本は様々なヒット曲の因数分解を行い、似通っているパターンを抽出することで、誰でもサザン風、長渕風、といった曲を作れる方法論を書いている。もちろんそれを作った所でパロディに過ぎないのだが、「○○風の曲」というのは意外にカンタンに作れるらしい。

すると行き着くのは、何がオリジナルなのか?という問いだ。そもそもJ・POP自体、洋楽に日本語を載せたパロディソングではないか、という話にまで行き着く。そこまで突き詰めると、言いすぎではないか?と思う方も多いだろう。

それはまるで、芸術の展覧会に市販の便器を投げ込み、あんたらアーティストが言うオリジナリティとこの便器とは一体何が違うのか?と問うたマルセル・デュシャンを思い出させる。

_DSC6456

マキタスポーツが言っているのは、自作のオリジナルコンテンツでも、これは何かのパロディではないのか?と常に自問自答することで、何がオリジナルなのかという事が明確になって、かえってオリジナルなものを作れるという逆説だ。

つまり、「すべてのJ・POPはパクリである」と思うくらい、自問自答した上でオリジナルな曲を作るのがアーティストなのだと。なのでここでいうパクリとは、盗用とかそういう話ではなく、他人からそれは完全なオリジナルだと褒められようが、「いや、何かを知らずにパクってしまったのではないか」と自らを疑う批評精神の話だ。

ここで思い出したのは、ウンコを漏らした事でも有名なPARTYの中村洋基氏が、「自分が作ったある作品が、知らずに中村勇吾さんのパクリになっている事に気づいた。恥ずかしくて、勇吾さんから話しかけられない限り、自分から話しかけるのをやめようと思った」と書いていた事だ。(ウル覚えだけど)

_DSC6393

ただ、ここで問題になってくるのは、今日のようにネットで大量に情報に接していると、互いに影響を受けてしまい、何がオリジナルなのか、よくわからなくなってしまう事だ。なので、結果として似通ったものが出来やすくなっている。

そこでまた思い出したのは、先日ラジオ放送で流れた「“電波少年”T部長(日テレ)と田端さん(LINE)が殴りあいながらガチ論争」だ。本日、ラジオの書き起こしが全てアップされたので改めて読んで思ったのは、テレビ業界の土屋敏男さんの、作品に対する愛情や、作り手として新しい事をやっていこうとするテレビマンの気概だ。

ネットに比べテレビは一方的だが、だからこそ新しい「明日」のモノが作れたと。しかし今はユーザーの反応がリアルタイムに得られ、コンテンツビジネスも発達しているので、かえってそれに縛られて新しいものが作れなくなっている。

_DSC6401

この指摘はもっともで、本当のオリジナリティは、孤独がなければ作りようがない。例えばオーストラリアは大陸として孤立していたので、そこの動物は他の大陸とまったく違うようになった。同じく情報面でもある程度孤立しなければ、独自性が保てなくなる。なのでネットだけを見るのもまた危うい。

マキタスポーツも、オリジナリティは、その人の身体性や、その人だけが経験した事やコンプレックスからしか出てこないと言う。例えば「トイレの神様」は、歌い手が実際に経験した超個人的な話だからこそリアリティがあり、普遍的にウケたのだと。

そしてサザンや長渕も、歌い手の個性と歌が一致していてオリジナリティを発揮しているので、○○風の歌をいくら作っても、それは完全にオリジナルになることはないのだと。つまりJ・POPは洋楽のパクリなのでパクリ論争などバカバカしいんだけど、パクリを超えてオリジナルに達する道があるのだと。

_DSC6422

さて、最近バイラルメディアが他のコンテンツをパクっているのが話題になった。しかし面白いのは、複数のバイラルメディアの方から、オリジナルコンテンツを作りたいと相談されていることだ。ただまだその方法が良くわからないのだと。

出典なき転載は論外として、彼らが有利なのは、たとえ他所のコンテンツを紹介しているだけだとしても、何がウケるのかというデータを取れる所だ。ある意味、モノマネ芸人の初期ステージにいる。マキタスポーツが様々な曲のパターンを分析している段階だ。

これがもし上手く発展すれば、バイラルメディアがオリジナルコンテンツを産み出すようになる。そしてその作り方は、12年前からオリジナルコンテンツをつくっている、デイリーポータルZの林さんが出した本「ビジネス書」などを読めば沢山書いてある。

また、同じくナタリーの本も参考になる。この本では、デイリーポータルZが、好きなものを書くという方針なのと真逆で、好きじゃなくてもフラットに書くという方針で対極的で面白い。

また最近出した私の本は、これまでに書いた記事の経験から、広告費によって、ネットのオリジナルコンテンツにも制作費を流し込む方法を書いたつもりだ。(PR)
博報堂ケトルの嶋さんとインフォバーンさんとセミナー&ワークショップも開催する。

前述の林さんには「自分の身体を動かして何かを作っている人しか信じてないので、この前の谷口さんの本にしても現場の人が書いた本はありがたい。」とコメント頂きありがたい。(自慢)

そして近々、オモコロを運営するバーグハンバーグバーグのシモダさんの本も出るらしい(噂)ので心待ちにしている。偶然なのかもしれないが、オリジナルコンテンツを前から作っていた人たちの本が一斉に出版されているのも、なにかの流れなんだろう。シモダさんはまだ一文字も書いてないらしいが。

そしてバイラルメディアも、オリジナルコンテンツを産み出せば誰も文句を言わないだろう。なのでまずは「すべてのJ・POPはパクリである」を読んで、もしかしたらこのコンテンツはパクリではないか?という批評精神をもって、どんどん前に進んで欲しい。それがこれからの流れなのだから。

_DSC6408

そんじゃーね。