ミュージカル「シラノ」を見てきた。ベタだけどかなりよかった。

誇り高きマゾの話。武士道と騎士道って共通点多いけど、葉隠の
「恋の至極は忍恋と見立て申し候。逢ひてからは、恋の長けが低し。
一生忍びて思ひ死にするこそ、恋の本意なれ」をドラマ化したもの。

至極の恋は、恋をしていると相手に気づかれないままに、死んで
しまうことにある、という究極の誇り高きマゾ。

マゾはままならぬ現実の受容を得意とするが、卑屈になってしまう
弊害がある。これに誇りを加えることで、魅力的なキャラができる。

しかもこれを鉄板エンタメ要素「自己犠牲」と「伝わらない思い」
におきかえてドラマ化するのはすごい。ベタは勉強になるね。