借力日記

谷口マサトのブログ

memo


「5分喋れば長電話」「お風呂でメールは当たり前」--今どき若者のケータイ事情

若い女性の心をつかめ--モバゲータウンの成功のカギ

 先日、知人の紹介で、韓国で最も人気のあるSNS「サイワールド」の創設者の1人とお話する機会に恵まれた。その中でコミュニティサイトでの成功のカギは「若い女性を集めること」にあると教えられた。

 理由を聞くと、若い女性は本能的に自分を良く見てもらいたい欲求が強く、自分を飾り立てることに余念がないからだそうだ。デコレーションケータイといって、クリスタルビーズなどを筐体に貼り付けて飾り立てるのもその一環と言われれば、なんとなく納得である。

 例えばサイワールドで最も流行っているサービスは、ミニホンピィと呼ばれる自分のミニホームページを開くとストリーミングで音楽が流れるサービスであり、この売上は同社の収益の4割を占めている。次に大きい収益源がアバターやテンプレートなどのアクセサリーサービスで3割程度。広告収入は全体の3 番目の収益源に位置する。

 これは、自分が選んでいるもののセンスの良さをアピールしたいと言う心理を巧みに利用したビジネス手法である。

 では、なぜ若い女性をターゲットとするべきなのか。マーケットを年代別に分解すると分かりやすい。もっと年齢の低い少女たちは、年上のお姉さんたちが何をやっているかが気になる(=早く大人の女性の仲間入りがしたい)。年配の女性は、「最近の若い子は!」などと言いながら、どんなことが流行っているか気になる。さらに男性陣は単純で、若い女性にはもれなく興味があると言うことだ(笑)

 つまりは、若い女性のおしゃれ心をあおるサービスを導入すると全体のマーケットに好影響が出るということである。人間心理を巧みに利用した考え方である。

 ひと昔前に、若い女性が集まる施設を作ると男性が集まる、などと言うマーケティング手法が一世を風靡したが、それがデジタルの方へもシフトしてきているのだと思う。

 モバイルでは若い女性に特化して一人勝ちしているサービスがない状況だ。コミュニティサービスをご検討中の会社があれば、若い女性に特化することを考えてみてはいかかでしょうか。特に20代女性向けのサービスは狙い目である。


バカマネーの法則


7351a08b.gif

「パチスロ必勝ガイドNEO」という、今月創刊された雑誌で
「バカマネーの法則」という、なぜ無駄遣いをするのか?
を探ったコラムを連載しています。
パチンコは一切やらないんだけど。

その青ドンに用がある
って、ぜんぜん意味わかりません。

が、無駄遣いについては、
自分を観察すればいいのでネタはつきません。



2007-04-27のナニシテル


・焼肉いこうっと (21:57:23)
・失礼しました。 (21:35:19)
・久野くんまだなにしてんの早く会いに来て (21:32:45)
・久野くんなにやってんの。はやく会社きて。 (18:29:59)
・風が強いから気をつけてください (14:46:24)
・↑いまからおもしろい事いう (14:44:40)
・今日も菓子パン。しょぼーん (14:32:52)
・飯買ってくる (14:14:05)
・腹へった (13:01:22)
・人形劇なつかす (11:43:47)
・しよかな (11:41:04)
・わたしは公明に (11:40:48)
・孔明とられた (11:38:58)
・黄忠が好き (11:27:24)
・コーラうまー (11:09:08)
・その発想はなかったわw (10:42:49)
・朝飯くらいくってこい>アラキン (10:21:38)
・腹へった (10:10:15)
・きゅうすけ、そろそろ出社しないと。 (08:04:25)
・きゅうすけ、そろそろ出社しないと。 (07:52:21)
・お。おはよー (07:21:15)
・おはようっす (07:12:23)
・きゅうすけ起きろ (07:10:09)
・会社きた (07:09:48)
・そのアイコンいいねー (00:11:28)
・そのアイコンいいねー (00:01:01)
マンガ原作者&LINE社チーフプロデューサー。「chakuwiki」主催。著書『バカ日本地図』『広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門』等7冊。

記事検索
Archives
使っているカメラ
写真はGF1で撮っています。